スカイマークのキャンペーンを利用してもっと格安な航空券

格安航空券販売で知られるスカイマークですが、キャンペーン時を狙うともっとお得な航空券を買うことができます。 - スカイマークの遅延が発生した場合の対応は?

アーカイブ

スカイマークの遅延が発生した場合の対応は?

スカイマークがLCCかどうかという議論があります。
その結論は今回はおいておくとして、スカイマークのLCCらしい面として、遅延率の高さが言えます。
そこで、スカイマークの遅延時の対応などを見ていきましょう。

定時運航率は低い

定時運航率とは、その名の通りどれだけ決められた時間で運行していたのかです。
2014年のデータにはなりますが、スカイマークの定時運航率は約84%というものがあります。
これはレガシーキャリアとローコストキャリア(LCC)を合わせた11社の中で下から2番目にあたります。

当然、JALやANAといったレガシーキャリアは高水準ですが、LCCの中に入っても下位に属するスカイマークがLCCであると呼ばれるのもわからなくはないですね。

遅延保証はどうなっているのか

スカイマークが遅延として対応してくれるのは、搭乗予定便が60分以上遅延した場合になります。
その補償内容は、同一区間の別の便への変更か、払い戻しのどちらかになります。
変更した場合にはその日から30日以内の便ならば変更可能で、復路や乗り継ぎも一緒に変更することが出来ます。

払い戻しの場合には、手数料等はかからず、クレジットカードで支払っていた場合にはカード会社を通して、コンビニで払っていた場合には空港カウンターもしくは銀行振り込みで、旅行代理店の場合には代理店での返金になります。
予約便の翌日から、10日後までが期限になります。

遅延が発生したことが原因で発生する交通費や宿泊は、すべて利用者もちになります。

LCC並みの対応

悪く見えてしまうかもしれませんが、航空会社はあくまでも出発した空港から到着する空港まで利用者を運ぶことが補償内容です。
本来どれだけ遅れても到着してしまえば補償はありません。
ですから、利用するばあには遅延の可能性を頭に入れて行動した方が良いでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 スカイマークのキャンペーンを利用してもっと格安な航空券 All Rights Reserved.