スカイマークのキャンペーンを利用してもっと格安な航空券

格安航空券販売で知られるスカイマークですが、キャンペーン時を狙うともっとお得な航空券を買うことができます。 - スカイマークとLCCの共通点と相違点

アーカイブ

スカイマークとLCCの共通点と相違点

皆さんはLCCという言葉をご存知でしょうか。
英語の「Low Cost Carrier」の頭文字をとったもので、日本語に直すと格安航空会社といったところです。
その名の通り安く飛行機に乗れるものですが、スカイマークはLCCなのでしょうか。

一般のLCCとスカイマークの共通点

スカイマークがLCCかという話になると、たいてい意見が割れてしまいます。
その理由は共通点もあれば、相違点もあるからです。
共通点はまず値段が安い事です。

スカイマークはLCCと遜色ないほど安く飛行機に乗ることが出来ます。
時にはスカイマークが最も安いこともあるほどです。
LCCだと言われる、理由はほぼ安いからということでしょう。

また座席の広さも一緒のようです。その分多くの座席を用意でき、値段を安くできるという考えはLCCでもスカイマークでも同じなのかもしれません。

LCCとスカイマークの相違点

次に違う点ですが、その前にLCCはサービスを最低限にすることで、値段を安く抑えています。
顕著なのは預け荷物でしょう。
LCCで荷物を預けようと思うと、必ずお金がかかります。有料ということです。

ですが、スカイマークは10kgまでは無料で預けることが出来ます。
さらに機内での毛布の貸し出しも、LCCはしないか有料かですが、スカイマークでは無料で貸しだしてくれます。
こういったサービスが行われるため、スカイマークはLCCじゃないという人がいるのです。

結局言ったかどうか

LCCには明確な基準はありませんから、その会社が自分のところはLCCだといったかどうかになると思います。
スカイマークは以前LCCであることを否定していますので、LCCでないと言えるでしょう。

LCCのような面が強い

一応LCCではないという結論ではありますが、LCCらしい側面がたくさんあります。
遅延が発生しやすいというのもその1つです。
最終的には、利用しやすかになると思いますので、LCCかどうかにとらわれない方が良いかもしれません。

関連する記事

Copyright(C)2016 スカイマークのキャンペーンを利用してもっと格安な航空券 All Rights Reserved.