スカイマークのキャンペーンを利用してもっと格安な航空券

格安航空券販売で知られるスカイマークですが、キャンペーン時を狙うともっとお得な航空券を買うことができます。 - スカイマークを予約した時の支払い方法

アーカイブ

スカイマークを予約した時の支払い方法

スカイマークを予約した場合、その予約の仕方によっていくつかの支払い方法があります。
難しくはありませんが、初めて利用する方には少しわかりにくいかもしれないです。
そこで今回はスカイマークの支払い方法をまとめてみます。

カウンターでの現金払い

予約した場所が旅行代理店または空港カウンターの場合には、予約した時に料金を払うことが出来ます。
広告代理店では現金払いのみで、空港カウンターでは現金払いかクレジットカード払いが選べます。
現金払いの場合には、航空引換証を渡されますので、フライト日にはその証をもってカウンターで搭乗手続きをすることになります。

クレジットカード払いの場合には、使ったクレジットカードを名義本人が空港カウンターで見せることになります。

コンビニで現金払い

ネットや電話で予約した場合には、コンビニでの現金払いかクレジットカード払いになります。
コンビニで払う場合には、コンビニによってその方法が微妙に変わってきます。
特に違うのがセブンイレブンで、ほかのコンビニの場合備え付けの機械を使って支払い証のようなものを発行しますが、セブイレブンだけは自分の家で印刷して持っていくことになります。

自分の家で印刷できない場合には「払込票番号」をメモして持って行ってください。
それからカウンターでインターネット決済がしたい旨を伝えて、支払うことになります。
コンビニ決済の場合には、領収書など支払ったと証明するものをもらえますから、当日はそれをもっていくことになります。

クレジットカード払いの場合には、既述の方法と同じになります。

控えを失くさない

現金で支払った場合には、それぞれ名前は違うものの「控え」のようなものが渡されます。
それを失くすと当日大変ですから、なくさないように注意しましょう。
失くしがちな人はクレジットカード払いにした方が良いかもしれませんね。

関連する記事

Copyright(C)2016 スカイマークのキャンペーンを利用してもっと格安な航空券 All Rights Reserved.